トップページ > プラモデル・ガレージキット

ゾイド HMM014 RZ-013 バスタートータス

ゾイド HMM014 RZ-013 バスタートータス写真1
ゾイド HMM014 RZ-013 バスタートータス写真2
ゾイド HMM014 RZ-013 バスタートータスの商品の詳細

あの人気ゾイド「カノントータス」のバリエーションモデル「バスタートータス」が遂に登場!!
「カノントータス」同様、HMM化に伴い非常に高密度ディテールが追加され商品化しました。
背部搭載の大型キャノン「720mmビームキャノン」も、ボリューム、可動共に文句無しの一品になっております。
「カノントータス」に使用されていた尾部のスパイクも、バスタートータスでは「ショックアブソーバー」として、その巨大な砲身の反動に耐えうる設計になっております。
小さいながらも様々なギミックと搭載しており、脚部の可動やHMMオリジナルギミックである潜行モードへの変形が可能。
ボディサイドハッチの開閉も可能となっております。

組み立て式プラスチックキット
1/72スケール 全長:約190mm
※画像は塗装済完成見本です。

バスタートータス
 西方大陸戦争当初は劣勢の共和国軍だったが、各ゾイドの改良・強化と作戦展開の見直しを図ることにより、帝国軍の進撃に歯止めを掛けることに成功していた。しかし、主力部隊の中核となり、重火力を持った大型・中型ゾイドの損耗が著しく、部隊によっては小型ゾイドのみで編成しなければならない大隊も存在するような状態に陥っていた。
「数機の編成で大型・中型ゾイドの火力を担う小型ゾイド」その様な機体の開発は困難に思われていたが、すでに戦場に投入されていた機体がこれに当たる成果を収めていた。「バスター」(破壊者)の愛称を持つ支援攻撃の名手、ロン・アイソップ少尉。彼の率いるルテーン地区火力支援基地に配備されたカノントータスBCは、実体弾使用の780ミリ樹弾砲による支援砲撃と機体外部に準備した別体の冷却器とジェネレーターを直結させた720mmビームキヤノンによる狙撃により数々の帝国軍ゾイドを餌食とし、帝国軍からもルテーン地区100kmは「進入危険区域」に指定されるほどの戦果を残した。
 この実績から、敵ゾイドを寄せ付けない長距離精密射撃を可能としたカノントータスの改良型が導入されることになった。機体には、720mmビームキヤノンに曲射能力と高性能センサー、アイソップ少尉による基本調整が施された射撃管制システムを追加した「ロングレンジバスターキヤノン」を搭載。これに伴いジェネレーターを新規の高出力タイプに換装。同時に冷却機能を強化することで高出力の連続射撃を可能とした。これらの追カロにより得た砲撃力・破壊力はその後の小型ゾイドにも見られないものであった。
 機体名称は、開発に貢献したアイソップ少尉の愛称から「バスタートータス」と命名。アイソップ少尉を始めとした高い長距離射撃能力を持った「トータス乗り」の機体に優先して改修が施され、開発から約3週間の内に前線に相当数の配備が行われた。3機でゴジュラスMk-Ⅱ 1機分に相当する破壊力を与えられたバスタートータスは想定どおりに機能。約2ケ月の間、共和国主要拠点を守り、帝国軍の侵攻を食い止めることに成功した。以後バスタートータスは、主力部隊におけるゴジュラスの立場を埋める役割を果すこととなった。

メーカー:コトブキヤ

関連おすすめ商品
  • ゾイド HMM034 RZ-046 シャドーフォックス
  • ゾイド HMM033 EZ-049  バーサークフューラー
  • ゾイド HMM032 RZ-041 ライガーゼロ パンツァー
  • ゾイド HMM026 RZ-041 ライガーゼロ シュナイダー
  • ゾイド HMM025 RZ-010 プテラスポマー ジェミー仕様
  • ゾイド HMM022 RZ-041 ライガーゼロ
  • ゾイド HMM020 EZ-035 ライトニングサイクス
  • ゾイドHMM002LIMITED EHI-3コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様