トップページ > プラモデル・ガレージキット

ゾイドHMM002LIMITED EHI-3コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様

ゾイドHMM002LIMITED EHI-3コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様写真1
ゾイドHMM002LIMITED EHI-3コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様写真2
ゾイドHMM002LIMITED EHI-3コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様の商品の詳細
【コマンドウルフLC ゼネバス帝国軍仕様】!! 2010年再販です。

共和国軍のものとは印象の違った紅いカラーリングになっております。
又、背中にはロングレンジライフルを装備し、戦場を駆け抜けます。

組み立て式プラスチックキット
1/72スケール 全長:約200mm
対象年齢:15歳以上
※画像は塗装済完成見本です。

コマンドウルフLC(ゼネバス帝国軍仕様)
 コマンドウルフは、ヘリック共和国の主力ゾイドであり、高い生産性と高性能を誇る、中央大陸戦争以後でも第一線級で使用されたベストゾイドである。
 共和国以外にも各地の工場で生産され、生産数は膨大な数におよぶ。対セイバータイガー戦の一環として開発された本機だが、その優秀さから、共和国軍から同盟国軍、傭兵部隊に到るまで配備され、常に戦場の主役となっていた。
 本機の登場で、セイバータイガーを中心とした機動部隊の進撃の足止めをされ、頭を抱えていた帝国軍は、新型機の開発と平行した臨時の対応策として、敵機であるコマンドウルフその物の部隊編成を決定、「毒には毒をもって制する」を実行したのである。破損による放棄、投降によって入手した鹵獲機、占領国の工場の接収した機体、もしくは反旗を翻した同盟国、傭兵部隊仕様の機体等、あらゆる機体の導入で「敵・コマンドウルフ」への対応措置とした。
 この対応は安価で効果的な結果を生んだ。コマンドウルフを配したシールドライガ一隊との戦闘では勝算の低かったセイバータイガーに、帝国もコマンドウルフで部隊編成することで、ほぼ互角の戦闘を行なうことが可能となった。
 さらに心理作戦としてもその効果は絶大で、共和国の守り神が帝国の象徴である「赤」を身に纏い攻撃してくるその姿は、共和国兵士だけではなく、国民にも心理的に大きなダメージを与える。「白き狼」は「帝国の紅い牙」として転生し、共和国軍に群れを成して襲いかかったのである。

メーカー:コトブキヤ

関連おすすめ商品
  • ゾイド HMM034 RZ-046 シャドーフォックス
  • ゾイド HMM033 EZ-049  バーサークフューラー
  • ゾイド HMM032 RZ-041 ライガーゼロ パンツァー
  • ゾイド HMM026 RZ-041 ライガーゼロ シュナイダー
  • ゾイド HMM025 RZ-010 プテラスポマー ジェミー仕様
  • ゾイド HMM022 RZ-041 ライガーゼロ
  • ゾイド HMM020 EZ-035 ライトニングサイクス
  • ゾイド HMM014 RZ-013 バスタートータス